la mode europeénne sélectionné pour vous
GUIDE服地について

服地の原料として、最も親しまれ用いられてきた獣毛繊維がウールです。
ここでは、ウールに関する基本的なことをおさらいしてみましょう。

ウールの品種

約3,000種いると言われる羊は、大きく3つのカテゴリーに分類することができます。

  • メリノ種

    メリノ種

    主にオーストラリアとニュージーランドに生息し、服地の大部分に使用される高品質ウールを生みだします。

  • クロスブレッド(混血)種

    チェヴィオット種

    英国原産でジャケット地などに使用される、チェヴィオットやブラックフェイスなどに代表される混血種。強く粗いウールが特徴です。

  • その他

    野生や、食肉用などの未改良品種です。

原料のスーパー表示

服地のスーパー表示は、糸番手とは違い原毛(羊毛1本)の太さを表します。
羊毛は、細く長くよく縮れたものがよいものとされています。
現在のIWTO基準は右の通りです。

  • SUPER 80'S19.75 micron
  • SUPER 100'S18.75 micron
  • SUPER 120'S17.75 micron
  • SUPER 150'S16.25 micron
  • SUPER 200'S13.75 micron

紡績

ウールは梳毛糸、紡毛糸のどちらかに紡がれた後に服地へ織り上げられます。
2つの糸は、原料だけでなく製法も大きく異なります。

  • 梳毛糸(ウーステッド・スパン・ヤーン)

    細く長い羊毛を使用した糸。スーツ地の殆どが梳毛糸から織り上げられます。

  • 紡毛糸(ウールン・スパン・ヤーン)

    太く短い羊毛を使用した糸。ツイードジャケットやフランネルなどに使用されます。